OBEY OUTERS !!!

気温に合わせて当店でも動きが出てきたジャケット類。

ホームページではトルソーに着せた写真で見易く、分かり易くなったと言っていただいてますが、もう一つ伝わり易くする為、OBEYのモデルカットと共に自分の意見も少し交えてご紹介したいと思います。

leather
UNION SUEDE JACKET ¥36,800 (w/o tax)

これまではフェイクレザーのアウターを数多くリリースしてきましたが、今期からリアルスウェードのハイクォリティなジャケットがラインナップされました。
フロントの開閉はジップとスナップボタン。裏地はサテン。フロント下部にパッチポケット。袖口には防風の為のリブ。
ワークウェアからインスパイアされて作られたカバーオール的な型で、流行り廃りもなく長年愛用していただけます。
価格以上の価値は十二分にある、むしろ安いくらいのジャケットです。

mountain
HIGHLINE JACKET ¥25,800 (w/o tax)

ナイロン素材ではあまり見られない、ミリタリーのM-65をアレンジしたジャケット。
見た目的にはマウンテンパーカーの様な雰囲気でもあり、アウトドアテイストにも解釈、使用はできると思います。
生地はCOTTON68%、NYLON32%で3層構造の防水加工を施したものを使い、裏地にも防水テープを貼る等、機能的にもハイクオリティなアイテム。フロントの開閉はジッパーとボタンを使ったフライフロント。
ファッションのみならず、機能に頼った使い方も存分にできる一着です。

iggy
IGGY JACKET ¥18,800 (w/o tax)

“IGGY”と名付けられ、OBEYでは定番としてマイナーチェンジを繰り返しながらリリースされ続けているM-65型のミリタリージャケット。
今年のモデルは襟があり、フードの着脱が可能になっている点が特徴的です。
程よい厚みのコットンを採用していますので、年間でも秋から春にかけて使え、年数も長く愛用してもらえるジャケットです。

vent
VENTURER JACKET ¥20,800 (w/o tax)

裏地の縫い目に防水テープまで施されている完全防水のジャケット。
フードサイズの調整機能、脇の熱を逃がすベンチレーション等、外でアクティブに着用するのにも長けた機能的なものですが、見た目にはキレイめなコーディネイトにも使える上品さも併せ持ったアイテム。
裏地を付けずにむき出しにしているのは、家屋でいうところのコンクリートの打ちっぱなし的な渋いイメージを彷彿させます。

trans
TRANSPORTER JACKET ¥18,800 (w/o tax)

胸のラインで2トーンに色分けされたナイロンパーカー。
アウトドアテイストなデザインで、コーディネイトもし易く、いかにもストリートのアイテムといったオーソドックスなデザイン。
防水加工も施されているので、人によってはスノーボードに使う等も考えられ、ファッション面でも機能面でも使い勝手のいいアイテムです。

soto
SOTO JACKET ¥21,800 (w/o tax)

近年秋冬の定番ものとして定着しつつあるスタジャンが今年も登場。
表地はボディがメルトンで、袖はフェイクレザー。裏地はキルティングになっているオーソドックスな作り。胸には筆記体のブランドネームがチェーンステッチで刺繍されいます。
ワッペンや刺繍でごてごてしたデザインではなく、極力+αをそぎ落としたシンプルな仕上がりになっていますので、キレイめなコーディネイトにも使えます。
昨年のモデルは胸にアップリケを付けたもので¥23,800だったので、¥2,000ほど価格も安くなっています。

trek
TREKKER JACKET ¥18,800 (w/o tax)

OBEYでは今まで有りそうで無かったキルティングジップフーディジャケットがリリース。
表地はナイロンキルティング。裏地はボディとフードにはスウェット地、袖は通しやすさの為にナイロンになっています。
マフポケットにピンポイントでオレンジのタブを付けた、着回し易さと暖かさの実用性を兼ね備えたアイテムです。

昨年まではOBEYのアウターと言えばフェイクレザーの定番ジャケットが人気でした。

今年はスウェットも含め、これまでの定番ラインナップをかなり縮小し、ハイクォリティなアイテムをリリースすることでブランドのレベルアップを図っています。

事実OBEYを着る人の年齢層も上がってきていますし、ロゴプリント物をさらに充実させるよりはバッチリ的を射たシフトチェンジになっていると感じます。

進化と称して元の面影もない”変化”をするブランドもありますが、25年もの間OBEYはブレずにしっかりと”進化”しているのは、Shepardやブランドのスタッフのゆるがない信念があるからだと思います。

過去も今もこれからも面白いブランド、アーティストなのでぜひ注目していてくださいっ!!

それでは土日、皆様のご利用ご来店をお待ちしております。